Photoelly001_TP_V

人気記事
【修羅場】コンビニ店員と口論しているおばさんwwwATMで金を下ろしたら二千円札が
【悲報】二郎系ラーメンマニアの女、全身像が開示されるwwwwww(画像あり)
【修羅場】牛丼屋バイト中、店内から怒鳴り声!DQN客「お前客をなめてんのか!」私「申し
【衝撃的】旦那の手帳にパスワードの様な物が → 逆さから読んだ結果…手が震えて止まらな
【修羅場】娘が行方不明。警察「娘さんの遺体を発見…犯人は…」→ 犯人の名前を聞き絶望
【愕然】彼女「生理が来ないの」俺「(妊娠か?ガクブル)」→検査したら…衝撃の結果が…
【衝撃的】10年間レスだった私が旦那を振り向かせた方法www
【托卵】娘が13歳になった頃に、嫁「誰の子か分からない」と言い出した!血の
年収5000万で職業は外資系金融会社の31歳女性の生活がとんでもないwww(画像あり)
【衝撃的】面接200社落ちた超エリート女の顔wwwwwww(画像あり)
【修羅場】夜道で女の子に「援助して下さい…」俺「え!?」理由を聞くと
【衝撃的】旦那の車の中に使用済みのゴムが!!!怪しいと思いボイスレコーダーを
【胸糞注意】助けて下さい…ウワキ相手が家に押しかけてきてコロされそうです→
【修羅場】40歳まじめ夫が浮気!私「ふざけんな!」夫「…離婚だ!調停にしたらお前のすべ
【修羅場】夫の不倫相手「妊娠した」夫「絶対に有り得ない!」→妊娠判定薬を持っていくも


920: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/01(土) 06:29:15
気が付いたら知らない部屋の布団の中に居た。見知らぬパジャマを着ていた。
頭がガンガンしていた。二日酔いだった。枕元にはタオルと洗面器。
記憶を辿ると職場の忘年会、大卒新人だった俺はかなり飲まされていた。
途中から自棄になり自分から浴びるように飲んだ筈、その後が不明。

静かに戸が開き、見知らぬ女が入ってきた。
よく言えば端正で清楚な容姿、悪く言えば特徴のない地味女、それが嫁だった。
厚手のトレーナーにジーパン、上からエプロンを着ていた。

嫁「あ、ごめんなさい、起こしちゃいました?」
何となく自信なさ気の声色、不安そうな笑顔。
誰だ、この女は?状況からすればこの女の部屋に転がり込んだのだろう。
俺は昨夜この女に何をしたんだ?俺の趣味じゃないだろ?
誤魔化して逃げた方がよくねぇ?待て、やったのならもう一度やろうぜ?
脳内会議が紛糾した。

嫁「朝食、作りましたけれど?…まだ気持ち悪いですか?」
俺「…ええ、申し訳御座いませんが、食欲がありませんので」
嫁「お水?要ります?」
俺「…あ?、ああ、お願いできますか?」
嫁「待ってて下さいね」

安心したのか、無邪気な子供のような笑顔だった。
っていうか高校生ぐらいじゃねぇ?まさか中学生じゃないよな?
俺は酔ってコンの道を歩み出したのか?そうなのか?

理性では否定していても、部屋を出て行く嫁の後姿、
そのジーパン包まれた顔とミスマッチナな肉付きの良い尻を凝視した後、
このチャンスを生かして「やる」事が脳内会議で決定した。
自然と右手がセンターポールを握っていた。

閉じられたふすま越しの嫁親子の会話を聞くまで、
ガラに合わない肉食野獣になりきっていた俺だった。


アクセスの多い人気記事↓(アンテナサイト経由)

【制裁】3年前の今日、プロポーズした時間と同じ時間。俺「愛してる」嫁「フン」→踏ん切りつきました。明日には一斉に弁護士からの手紙が各所に届く予定です。

【衝撃】縛り上げた嫁と間男を車に乗せ鉱山廃墟へ。俺「彼とお幸せに」→深さ3mほどの穴に蹴り落とした。数年後、その場所を訪れてみると…

【DQN仕返し】シスコン姉「被害届は出しますから、どのみち出れませんけど。は?まだ子供だから?更生なんて無理ですよ(ニコニコ」いじめられっ子号泣www【胸熱】

【託児】うちの前で園児二人が泣いている。警察「引き取りますね」→翌日、園児両親と弁護士がやって来て「託児放棄したな!示談金払えば許してやる!!」

【唖然】ケンタッキーにて。常連クレーマーの婆「チキン10本、足ばっかりでね!」俺「出来ません」婆「他の店ではやってくれたわよ!」その店に確認したら、思わぬ結果に…


【悲報】元嫁が事故で他界…俺と娘は泣いて暮らしたが、なんとか頑張ってきた!その俺達を支えてくれた新嫁との再婚も決まって、良い方向に進み始めた矢先…新嫁に許しがたい行動が!

【衝撃】隣室に夫婦が入居!新聞受けに「近所付き合いはご辞退申し上げます」という挨拶を添えて、タオルが入れられていたwwwところが後日、奥さんから非常識な頼みが…

【復讐】担任「この人の欠点を書きなさい」と生徒の名前が書かれた紙を配る→全員がこの担任はおかしいと感じていた→担任「クラスで不要だと思う人の名前を書きなさい」結果・・・

【悲劇】電話中の嫁「うちの旦那はつまんない男。出来るだけ生活時間ずらしてるw」俺「」→ 20万程顔に叩き付けて家出てきた → 結果…

【自業自得】嫁の妊娠と同時に、子宮頸癌が発覚!俺は思わず第一声で「それって感染するんだよな?子供はどうなる」と言うと、嫁から痛い反論が…①

921: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/01(土) 06:41:17
おいおい続きは??

922: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/01(土) 06:47:07
上司の家でした、とかか?

923: 920 2009/08/01(土) 11:59:05
>>921

続きは?って言われても、初めての会話はこれで終わりですだ!
結婚までの経緯は下、

>>922

ふすま越しに

嫁「あの人まだ二日酔いだって、ご飯要らないんだって」
義父「そうか、じゃぁ、しばらく寝かせておけ」

上司では無いが同じ職場の人の声が聞えた。

嫁「あたし、11時には出かけるからね」
義「おい、居ろよ、どうせ大した用事でないだろ!」
嫁「ヤダよ、友達と約束だモノ」

状況を確認した俺は、気持ち悪かったが直ぐに飛び起き、
着替えをして挨拶もソコソコに義父の家を退出した。

次の月曜、義父から状況を聞いた。
飲んで潰れた俺を酔っ払いの義父が家に持ち帰ったそうだ。
潰れた俺を介護したのは、嫁だった。

嫁は中2の時母親を亡くし父親と2人暮し、家事を全部やっていた。
一人身になってから酒量が増えた父が酔っ払って帰るのは
よくあったそうだが、初めて若い男を連れ帰ったので印象に残ったそうだ。

年が明けて飲む機会があり、酔いつぶれた義父を
志願して家まで送って行って嫁と再会し会話をした。

黒髪ストレートのおかっぱで化粧気なしの癖に大学1年だったので驚いた。
義父を抱えた際に着古したジャージがずれて、チラッと見えた
パソツも子供っぽい感じだったんでね、余計に。

週末には何時も義父と飲むようになり、飲み直しで義父の家のパターンに、
さらに最初から義父の家で飲むようになった。

ついでに言えば嫁が大学3年の時には義父と関係なく家に寄るようになった。
その頃には嫁は下の名で俺を呼んでいたし、
俺のセンターポールは嫁の初めて地に打ち込まれていた。

925: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/01(土) 16:27:56
くそう
なんでいちいち腹が立つような書き方をするんだこいつはw

926: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/01(土) 16:57:58
自慢話はそこまでにしておけ・・・

927: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/01(土) 19:31:24
もげろ

929: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/01(土) 19:40:53
おまいら酷いな~w
おまいらはよっぽど悲惨な出会いだったのか?

930: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/01(土) 19:55:21
さらに自慢話をする気か?

932: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/01(土) 21:17:23
悪い。後一つ番外で義父の話を、

付き合う際に義父に嫁が大学卒業して正式に婚約するまでやらないと約束した。
嫁も同じ約束をしていた。だが、若い2人の情熱は留められなかった。

でも、約束した手前、嫁も俺も義父にはやってないと嘘を付いていた。
嫁も俺もバレていないと思っていた。

ある時義父と泊りで出張する機会があった。
義父の趣味は酒のだけではなく、、、、風呂屋もであった、いわゆる泡の国。
やもめの義父は誰に憚る必要もないのだが、嫁にはその趣味を隠してた。

義「娘に黙っているから一緒にやらんかね?君も我慢は辛いだろ?」
俺「…はぁ」
義「奢るよ」

諸般の情勢を考えるに一時の欲望を満たす為に生涯に亘る負い目を作れない、
だが脳内会議の野党勢力はそんな与党の姿勢を弱腰と批難した。

決断を迫られたのだが、何故かその時嫁から電話が入った。
内容は週末に俺の部屋の掃除をしにいく予定の確認であった。
当時色々な意味で身の回りの世話をしてもらっていたのであった。
週末は男として必要な健康管理を嫁に依頼するつもりだった。
嫁のムーンフェイズは「生」可能が予想された。
万一病気でも貰ったら、、、嫁への愛情をこの時初めて大人として意識した。
俺は義父の出馬要請を固辞する事にした。

俺「…嫁子さん以外とする気がしないので、」
義「つまり嫁子とはもうそういう関係なのかね?」
俺「いえ、その、つまり」
義「今更、嘘はいかんよ」
俺「はい、そのように突き合ってます」
義「やはりな」

義父はやっている事、自体には怒らなかった。
ただ家族になるんだから、正直に相談しろ、と。
嫁子の態度から丸分りだったらしい。

義父はその晩、泡の国に行かなかった。
何でも俺がマジカルサービスを受け取らなかったのが嬉しかったらしい。
一晩中、飲みながら嫁の子供の頃の話をしてくれた。


翌日の仕事はボロボロだった。

933: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/01(土) 22:04:10
おまいの脳内会議はなかなか優秀だな。

940: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/02(日) 09:53:19
>>はい、そのように突き合ってます

いちいちむかつく書き方だなww

941: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/02(日) 11:06:35
真面目だけど捻くれている感じだなw

942: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/02(日) 12:07:44
たのしく読ませてもらったよ

だがしかし

もげろ

943: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/02(日) 13:23:31
まったくだ おもしろかったけど

もげろ

944: 920 2009/08/02(日) 16:03:34
何か俺、嫌われている?なら徹底的に嫌われるまでだ。
これが最後だ、モーコネーヨ!

私立の女子校出身で女が殆んどの学部をでて、
家事をしてた為アルバイトをしなかった嫁は、
大学時代まで全くと言って良いほど男から誘われなかった。
自分では喪女と思っていたらしい。

であるから父親が連れてきた男=俺を特別視したそうだ。
だが、就職してから急にもて始めたのである。
最初の一年だけで告白されたのは片手で足りなかったと言う。
幸運にももう婚約していたので、全部断ったそうだ。

確かに社会人になり薄く化粧をした嫁は結構綺麗だと俺も思う。
職場では<夏帆>を似ていると評判らしい。
確かに似てなくはないが、俺から見るとやはり違う。
嫁の方が、肩 が 凝 り や す い 体 型 をしている。

俺が最初に確認した時より2サイズアップした事実があり、
嫁が言うにはその原因は俺であるようだ。
責任をとって結婚してからは、肩「も」もんでいる。

嫁に他の男と会う機会もなく結婚相手を決めたのを後悔しないか?と聞くと、

嫁「確かに早まったと思うけれど、お父さんと仲いい人じゃないと、ねぇ」
嫁「家族が減るのもう嫌なんだ、だから(俺の下の名)で正解!」

どうも義父とうまくやるのが結婚相手の条件だったらしい、
俺は当然マスオサン状態だ。

その義父だが最近、酒と泡の国の他に新しい趣味、読書が加わった。
まぁ、読んでるのは名付け方の本(4冊)だけなんだが、
随分熱心に半年後のイベントの準備をしてる。俺の出番はない。
(まぁ体の別の箇所が膨らむ原因を作ったのも俺だと嫁は言うけれどね)

義父はどちらでも良いようにあれこれ考えているのだが、
嫁に言わせると女の子に決まっているそうだ。

嫁「だってきっとお母さんの生まれ変わりだから」

あまり科学的なオツムの持ち主ではないんだよ、俺の嫁はorz
そんな嫁が今日掃除のついでに納戸から大切そうに出していたのは、
ちょっと古くなった盆提灯だったりする。

948: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/02(日) 18:58:48
べ…別にうらやましくなんかないんだから!

945: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/02(日) 17:00:06
やっぱり

もげろ!

947: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/02(日) 18:51:54
安定期に入るまではもげるなよ。

949: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/02(日) 19:43:25
>>944
おのれ~出会え出会え、幸せ者じゃ~w

984: 920@モーコネーヨ 2009/08/06(木) 22:18:32
あれ、まだ、残ってらww
「産め」ついでに嫁と付き合うようになったエピソードでも書くかな。

忘れもしないあれは入社二年目の七月の最初の週の金曜日。
その日は7時半ごろ嫁の家に転がり込んで、
義父とナイターを見ながら酒を飲んでいた。

嫁はといえば自分の部屋で試験勉強をしているらしかった。
飲みはじめにおつまみを作ってもってきてくれるのと
飲み終わった後軽食を持ってくる時にちょっと会話できるだけだった。
それはいつもの事だった。

嫁に後で聞くとお客さんの前にでるのは恥ずかしかったらしい。
今もだが嫁の羞恥のツボはイマイチ理解できない。
その頃嫁は俺が台所に入るのを頑なに拒否した。
そのくせ洗面台のある脱衣所に行くのはOKだったのだ。
まぁ、そのお陰で洗濯機の中にあったお宝グッズの匂いを嗅げたのだが、、

その時は焼酎のロックを飲んでいたので義父が氷を取りに行った時、
嫁が俺の居る居間に顔を出して何か言いたげそうな顔をした。

俺「…何でしょうか?」すっかり酔っていたので赤い顔。
嫁「…」視線をガラス戸の外に移す。
俺「…雨、止んだようですね」会話を続けようと思い、天気の話。
嫁「…ええ、今さっき」一瞬俺の方を見た後視線を落とし、
俺「…傘を忘れないようにしないと、、」もはやgdgd
嫁「…え、どうしてですか?」何故か真剣な表情で
俺「一本しか持ってないからです」既にカオス
嫁「帰り気をつけて下さい」優しく笑いながら
義「お、何だ嫁子?お前も一緒にやるか」邪魔しにきたんか!ボケ!
その後嫁は直ぐに自分の部屋に帰って行った。

さらに一時間以上飲みが続いたが10時過ぎにお暇することにした。
お茶漬けを持ってきた時、どうぞ、ありがとうございます、以外
嫁と会話をしなかった。

で、嫁の家から出て200m位駅に向って歩いたところで、
サンダル履きの嫁が走ってやってきた、手には俺のコウモリ傘を持って。
嫁は今でも俺がワザと忘れたと言い張るが本当に素で忘れたんだ。

続く、、

988: 920@モーコネーヨ 2009/08/06(木) 23:13:21
続き

忘れ物を走って届けに来てくれた嫁の親切さに感動している、
俺の心。
白いのTシャツ越しでも揺れているのが解る嫁の双丘に反応している、
俺のセンターポール。
俺はこの時嫁が話足りなくて俺を追ってきたと確認した。

嫁「(俺の名字)さん、忘れちゃダメじゃないですか!」
俺「…あ、わざわざ、、ありがとうございます」
嫁「一本しかないって聞いたから、明日は雨ですよ?」
俺「ああ、なんだそれで、、」(本当は他の傘も持っていた)
嫁「…それでは、おやすみなさい」傘を手渡し帰っていく。

俺と2人きりになりたくて嫁が追ってきた思い込んでいる俺の目からは、
帰っていく嫁は何となく名残惜しそうだった。
考えて見れば、嫁は俺がワザと2人になる機会を作ったと思っていたので
これの後何かあると思い、イベントを待ってたんだろう。

家に向う嫁の背中に
俺「あ、あの、駅まで送って下さい、道が分らないので!」
嫁「…え?駅への道が、、分らないのですか?」嫁は驚いた。

因みに半年ほどほぼ2週に1回は嫁の家に通っていたのだ。
その前の週もべろんべろんになってたが一人で帰れた。

俺「…酔ってしまって」超苦しい言い訳
嫁「…酔っているなら仕方ないですね、、」なのに信じた。

俺は嫁を左斜め後ろ45°40cmの所に従えて駅までの
緩やかな坂道を一言も会話する事もなく歩いた。

何も言わなかった理由を嫁は今も教えてくれない。
俺はその晩のおかずの事を考えて、
膝上10cmのデニム地のミニスカートから出ている嫁の白い脚、
特に太ももをチラ見して記憶に焼き付けるのに夢中だったと教えたのに。

続く、、

989: 920@モーコネーヨ 2009/08/07(金) 00:25:09
続き、

10分程無言で歩いて駅前に付くと
嫁「…それでは」呟いて早足で去っていく後姿
俺「待ってください」思わず、呼び止めた。
でも何も言葉を用意してなかった。

嫁「…」首だけこっちを向けて目を珍しくまん丸にして、
俺「…歩いて帰るんですか?」何のことやら
嫁「…その、つもりですが?」何となく落胆している感じ。

2mぐらい離れて嫁の髪を後ろにまとめた後姿を見ると、特に尻と太もも、
明らかに一人で夜歩かせては危険であると思った。
その事は俺のセンターポールの状況が証明している。
万一痴漢にあったら義父に顔向けが出来ない、ここは俺が守らねば。

俺「…夜道ですから家の前まで送らせて下さい」
嫁「…はぁ」嫁は呆れたような顔をした。
俺「…暗くて躓くといけません、、サンダルですし」
嫁「…ええ、夜道は暗いと躓きますね、サンダルですし」

ちなみに駅から嫁の家までは街頭が点いていて普通の感覚だと暗くない。

家までの10分ちょいは嫁の真横を歩き、無理にでも会話をする事にした。
俺「…毎日毎日、雨ばかりで鬱陶しいですね」でも天気話、
嫁「…そうですね、もう直ぐ七夕なのに、織姫と彦星は会えないかも」
愛し合っている男女がたった一年に一回の邂逅を妨げられる、
そんな話が嫁の口から出た、ここは是非とも会える話で繋げないと。

俺「ああ、七夕って梅雨の時期にやる物じゃないんですよ」
嫁「そうですね、月遅れでやりますよね、仙台とかでは、、」
俺「月遅れじゃダメなんですよ、旧暦じゃないと八月の終わり頃です」
嫁「…何故ですか?」
俺「天の川は月が出ていると見え難いんです、ベガもアルタイルも」
嫁「…?」
俺「太陰暦で七日だと真夜中頃に月が沈むんです」
嫁「ああ、そうですね」得心したよう
俺「ロマンティックですよ」

続く

990: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/07(金) 00:40:53
あんた文才あるなあ。



でももげろ!

991: 920@モーコネーヨ 2009/08/07(金) 00:43:32
続き

俺は大学時代の彼女と2人で車の中でみた七夕の夜空を思い出していた。
嫁は急に立ち止まった。

嫁「…(俺の名字)さん、彼女いるんですか?」優しく笑ってた、目以外は。
俺「居ません!、、、今は」嫁の目が怖かったので、小声で付け足した。

大学時代の彼女は遠距離恋愛→隙間風→新しい男→二股かけられ
→クリスマスの計画は?ごめんなさい、だった。

俺「彼女はいませんが、心に決めた人はいます」ギャンブルに出た。
嫁「…そうですか」見事にいなされた。

しばらく無言で歩くともう嫁の家の近くに来ていた。

嫁「私はどう見えます?」投げやりに嫁が聞いてきた
俺「何の事です?」
嫁「彼氏、いるように見えます?(俺の名字)さんから見て」
俺「居ないですよね!」

自分の願望を口にした。興奮していたと思う。

嫁「…残念だけれど、、あたってます」嫁は少し膨れた顔をした。
俺「…好きな人は要るんですか?」俺は瞬間両想いだと確信した。
嫁「…好きな人も、居ませんよ?」あっさり間違っていた。
俺「…もう、着きました」家の前だった。
嫁「あ、でも気になる人は居るんです!」嫁は何故か焦ってた。
俺「気になる、程度ですか?」
嫁「…ええ、今は」

何故か見詰め合っていた。

俺「これ持っていてください」俺は傘を嫁に手渡し、
嫁「…」両手で傘を抱えていた。
俺「はい」コンビニのレシートにメアドを書いて渡した。

嫁は何も言わず家の中に入っていった。
紙切れと、、、、傘を持ったまま。

日付が変わり1時ごろ、嫁からメールが来た。
あいさつから当たり障りのない日常的な文章が続いて最後に、
「旧暦の七夕の日に天の川が見えたらまたメールして良いですか?」

俺は牽牛のように我慢できない性格だった。
矢継ぎ早にメールを何度か送りあい、気が付けば土曜日のお昼に
デートをすることになっていた。

続く

992: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/07(金) 01:27:44
¥¥¥¥

995: 920@モーコネーヨ 2009/08/07(金) 02:02:57
続き

寝転んで居たが眠れぬまま朝になり、どんよりと曇り空を気にしながら
待ち合わせの場所、ターミナル駅の駅ビル内本屋に居た。

しばらくすると嫁が来た。
その日の嫁は始めてみる化粧顔で、水色の半袖膝丈ワンピース、水色の傘
黒のハンドバッグ、黒のパンプスで何処となくお嬢様っぽい服装をしていたが、
その片手には黒のコウモリ=俺の傘。

俺「なんで?持ってきたの?」やや批難気味に、手には家にあった折り畳み
嫁「え、だって一本しか持ってないって言うから困ると思って」不満気味、

ああ、嫁は何も分っていない。
チェーンのコーヒーショップに場所をかえ説明する事にした。

俺「昨日の夜傘を渡しに来てくれた時、お義父さんになんて?」
嫁「(俺の名字)さんが忘れたからとどけると、」嫁は不思議そうな顔

俺「で、傘をもったまま家に帰った時はなんていったの?」
嫁「駅まで探しに行ったけれど居なかったと、、」まだ?マーク

俺「で、今日はなんて言って家を出てきたの?」
嫁「…恥ずかしいので女の子と友達と遊びに行くと、、、」??

ああ、この馬鹿女は一生俺が面倒見てやらんと、思った。

俺「で、なんで、俺の傘を持ってくるわけ?」
嫁「あ!」

俺「…問題ないこと、ないよね?」
嫁「ある、どうしよう」顔面蒼白だった。

義父は当然、俺達が隠れて付き合っていると思うだろう。
ま、まさに隠れて付き合うつもりだったんだが、、
実態以上に親密な関係だと思われるだろう。
義父の性格上、筋を通してないのは不味い。

が、どうしようどうしようと頭を抱えている嫁を見て名案が浮かんだ。

俺「お父さんに真面目に付き合っていると言うのはどうだろう?」
嫁「え、、?」
俺「そう言えば許してくれると思う」
嫁「ああ、」納得したようだった。

良かった、筋さえ通せば義父は話のわかる人だ。
これで俺の半年の努力は報われた、と思った途端、

続く

996: 920@モーコネーヨ 2009/08/07(金) 02:04:00
続き

嫁「やっぱりダメです、それじゃダメです!」
俺「でも、お父さんにちゃんと言うべきだよ、何でいけないの?」
嫁「だって(俺の名字)さん、ほかに心に決めた人が居るんでしょ?」
嫁「私の事、好きでも何でもないんでしょ?」
嫁「それなのに付き合っているというくらいなら、一人で怒られます」

湯気をたてて怒る嫁、不満そうなアヒル口で俺を見る。
ヤレヤレ今までの流れで何でそう思うのかね?

嫁だって気付いていたと後から教えてくれた、
でも「手順を省くな」って言うのも変でしょって事だそうだ。

俺は嫁の目を見詰めて、今までの気持ちを告白した。
そしてこれからの気持ちを約束した。
最後に今の気持ちを態度で示した。
衆人環視だよ、でも嫁にキスしたさ、左手の薬指だけど。

それから2時間後俺と嫁は義父の前で正座していた。
さらに3時間後俺と義父は死ぬほど酒を飲んでいた。

因みにその時持っていた折り畳みはコーヒーショップに忘れたが、
縁結びになったこうもり傘は、、


もってねえよ、だってとっくの昔に風で骨が折れて曲がったんだもん。

でも俺の一本しかないセンターポールは、
嫁が大切に自分用として保管してる。
嫁の持っている専用の袋の中に。



997: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/07(金) 02:09:52
乙!

998: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/07(金) 02:10:07
全部読んだからモゲロw

1000: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/07(金) 02:22:13
1000なら夫婦二人でずっと熱々!

引用元: ・妻と初めてした会話 4言目

クリック↓でTOPページに戻ります

header

次の鬼女まとめログは↓(アンテナサイト経由)


【未遂】嫁親友から嫁の仕事用携帯にメール『ごめん。さっき気になって電話したら、旦那ちゃんが出たよ。携帯、気をつけたほうがよいよ。後で電話して』俺「ん?何だこれ…」

【修羅場】テストは全部100点なのに通信簿オール3!担任「なぜかわからない?だから駄目なの」→父が激怒、学校へ電話かけると…予想の斜め上をいく答えが…

【訃報】東日本大震災の避難所にて。子連れ女「粉ミルク分けて下さい」→ 俺「お断りします」→ 次の瞬間、トンデモナイことが起きた・・・

【修羅場】喫茶店で小説を読んでいたら、突然ババアに椅子で頭を殴られたwwwババアは血塗れの俺を更に殴り続け、「警察呼んで!」と発狂www署に連行され、とんでもない事に…

【復讐】毎月20万入れて実家住まいしていた→母「親のスネカジリは出ていけ!」 兄「長男の俺がお袋の面倒を見る」→実家を出て行って一人暮らしした結果…

【衝撃】兄貴「娘(姪)に小遣いをあげないでくれ」俺「身に覚えがないけど?」→その後、深刻な家族会議に発展www

【唖然】8時10分に駅集合と言われ、5分前に到着!ところが時間を過ぎても現れず、仕方なく目的地へ向かったwwwすると予想外のことが…

【衝撃】妹(30)「やっと結婚出来た!」家族「おめでとう!」数か月後、俺「音沙汰ないし様子を見に行ってみるか」→そこには一人で暮らす妹の姿がwwwww

【衝撃】隣室に夫婦が入居!新聞受けに「近所付き合いはご辞退申し上げます」という挨拶を添えて、タオルが入れられていたwwwところが後日、奥さんから非常識な頼みが…

【修羅場】俺「嫁がガンになった」嫁両親「あそう、金はないから」→俺「嫁死んだ」嫁両親「葬式は旅行で行かれないわ」→再婚コトメがやって来て…

【壮絶】俺「不倫してますよね?」嫁、間男、嫁両親「侮辱よ!名誉棄損!」「会社にまで迷惑かけやがって!覚悟しろ!」→爆弾投下→嫁間男真っ青。嫁父顔真っ赤。嫁母真っ白。

【愕然】嫁「離婚!」俺「…(離婚届記入)」→ 5年後、元嫁「復縁して欲しい」俺「は?」→ 元嫁が復縁を迫って来た理由がとんでもなかった結果www

【衝撃的】発達障害!?3歳の子供の様子がおかしい→ 発達障害センターに連れて行くと「なーんにも問題ありませんよ」→ しかし、数年後、小学3年生になった現在…驚くべきことが…

【修羅場】職場の役員に呼び出され会議室へ入るとなぜか嫁が…。役員「君は外回りの時に営業車で、どこに行ってるんだ?」俺「え?」意味も分からず聞いていると…

【修羅場】私「妊娠三ヶ月だって!」 旦那「浮気したな!」→私「してない!なんでそう思うの?」 旦那「慰謝料!離婚!」→「なぜ浮気だと思ったのか」問いただした結果

【鬼畜外道】式場で突然どよめきが。声の方を見ると、従業員が血まみれになりながら顔や首を滅茶苦茶にかきむしってた。その理由が…


【修羅場】家庭教師をしているのだが、受け持って半年の生徒に授業をしていた時…突然扉が開いてお父様登場www何の用かと思ったら、とんでもないお見舞いをされたwww

【衝撃的】深夜にタクシーで仕事から帰る→支払いを済ませて降りようとすると→タクシー運「今、降りないほうがいいですよ」→ドアの外を見ると…